出産後の赤ちゃんのスキンケア

出産後の赤ちゃんのスキンケアについて書いた記事は多いですが、ママの肌について書かれていることは少ないように感じます。長期間変化のなかったホルモンバランスが出産で急激に変わるため、肌にもトラブル(しみ、しわ、過敏症等)が出やすい状態になります。

肌のすこやかさを保つエストロゲンというホルモンが少なくなるので、肌が乾燥し、産後の疲労と相まってさまざまなトラブルを起こすこともあるようです。少しの刺激でも肌に強く作用してしまう時期なので、元の肌質に戻るまでは、無添加タイプのスキンケア製品で刺激を抑え、うるおいを補填するようにケアしましょう。

赤ちゃんはどこに触れてくるかわからないですから、安心できるものを使いたいものです。正しいスキンケアを行うには自分の肌の状態を理解し、方法を使い分けることが大切です。

ずっと同じやり方で、お肌をお手入れすれば自分のお肌にとって最良の方法ではないのです。乾燥気味のお肌が求めているのはさっぱりしたケアよりしっとりとした保湿だったり、刺激の弱いケアを生理前にはおこない、強い刺激を避けるというように変えてあげることがお肌のためなのです。

春夏秋冬でお肌の状態も変化していきますから外の変化にも合わせ、ケアを変えていくことも大切なポイントなのです。話によると、一旦できてしまったお肌のシミは、消すことはとても難しい事だと思っている方もいらっしゃいますが、お肌のシミが消しにくいのは、家庭で行う対策に限ったお話になります。

レーザーなど、美容クリニックで「治療」をしてもらえば簡単に消すことが出来るのです。とはいっても、皆さんがご存知のように費用もかかりますし、治療した後もケアが必要ですが、シミのことで気持ちが落ち込んでしまうようならば思い切って、治療を受けるのも一つの解決策ではないでしょうか。

一般的に「きれいな肌」と言いますが、具体的にはどんな肌を指すと思いますか。腕の内側と手の甲を比べてみると差は歴然でしょう。

きめ細かい肌では皮膚表面の模様がものすごく小さいですが、乾燥や紫外線などのストレスを多くうけた皮膚はこの模様が大きくクッキリしています。皮膚の防御役である表皮の機能が極端に弱まるので、肌の基底部以深もかなり傷んできます。

水分が失われると表皮が薄くなり、当然の結果として「しわ」が出てくるのです。標準的なスキンケアをしていてもシワのできやすい体質というのがあります。

肌が薄い人ほど、出やすいです。出来てしまった小皺が消えなくなってきたのに気づいたら、自分の肌質を確認してみましょう。

手の甲が薄くなっていたり、まぶたや目の下の血管がうっすら見えるような人は注意しなければいけません。表皮が薄いと水分が保持できないばかりか季節のダメージを受けやすいので、すぐ弾力が失われ、色つやが悪くなります。

また、加齢によって皮膚は薄くなりますし、たまたま血色が悪い・乾燥していると思わずに、ただの保湿からアンチエイジングを中心としたお手入れに切り替えたほうが良いでしょう。喫煙により健康を害することのないよう、ここのところ沢山の方が禁煙するようになってきましたが、タバコとお別れすることは、スキンケアのうえでもたいへん良い効果があります。

さて一服、なんてしているまさにその時に、お肌の調子を整えるために欠かせないビタミンCが無駄にたくさん破壊され、消費されるのです。要するに、喫煙は、シミやくすみなどといった、肌のコンディション悪化のいわば元凶となるというわけです。

実際、タバコとお別れしたら肌が美しくなったというのは、禁煙成功者から多く聞かれる声であり、皆さん実感されていることなのです。肌のしみ取り方法のひとつとして、オキシドールを使うという話を聞いたことがあるのですが、傷口などの消毒液であるオキシドールを、健康なはずの傷のない肌に用いるのはとても負荷がかかるのではないでしょうか。

他にも、オキシドールを使用して髪の毛の脱色を試みた方もいらっしゃるでしょうが、一発で髪に深刻なダメージが出ます。肌にもダメージを与えるとしか考えられないです。

鏡を見て、加齢によるシミににショックを受けたことはありませんか。けれど、シミはその形状や体のどの部分にできるかということで、分類することが可能ですので、それに対応した薬をドラッグストアで探したり、皮膚科へ行ってみるのもいいでしょう。

全てのシミが薬で治るわけではありませんから、そんなシミの対処にお困りの場合は、レーザーを当てて治す方法も可能性として考慮に入れましょう。スキンケアといえばオイル!という女性もどんどん増えてきています。

オイルの中でもホホバオイルやアルガンオイルなどをスキンケアで使うことで、ますます保湿力が上がり、乾燥知らずのお肌になるでしょう。また、オイルの種類により異なる効果が表れますので、自分の肌に合った適度なオイルを使ってみるといいでしょう。

さらに言うと、オイルの質が効果を左右しますし、大切なのは新鮮なものを選ぶことです。お肌のケアをオールインワン化粧品で済ませている方もたくさんいらっしゃいます。

オールインワン化粧品を使えば、ぱぱっとお手入れ完了なので、使用者が増加しているのも自然な流れでしょう。化粧水や乳液、美容液など色々揃えるよりもぐっとお安く済ませられます。

しかし、当然効果には個人差がありますので、配合成分の中に苦手なものがないか、十分確認してください。ここのところ、スキンケアにココナッツオイルを利用する女性が激増しているようです。

化粧水をつける前や後に塗ったり、今使っているスキンケア化粧品に混ぜて使ったりするだけでいいんです。他にも使い方は様々で、メイク落としに使っている方、マッサージオイルとしても活躍するそう。

当然、食べる事でも抜群のスキンケア効果を発揮するんです。ただ、品質の良いものである事はとても重要ですのでしっかりこだわりたいですね。

肌も加齢に伴ってシミが増えます。と言いながらも、どうにか改善したいと考えるのが女心です。

私の経験を言うと、最初にビタミンC誘導体を使用し、次にハイドロキノンの使用を試みましたが、結果として満足できず、現在、レチノールで落ち着いています。最終的に、シミを取り除くには、レーザー治療になるのかもしれません。

毎日のスキンケアの基本的なことは、肌の汚れを落とすことと潤いを保つことです。しっかりと汚れを落としてキレイにしないと肌の異常の原因となります。

さらに、肌の乾燥もまた肌を守っている機能を低下させることにつながるので、乾燥させないようにしてください。でも、潤いを与えすぎることもよくないことです。

お肌にできてしまったシミが気になる場合、とりあえずは、日々のお手入れによってシミを撃退したいと考えますよね。ただ、それではなかなか難しいようなケースではレーザー光線などによってシミを消す方法もあります。

エステのメニューの中には特殊な光を使いお肌のシミを薄くするメニューを取り入れているところもありますが、美容外科などでは、レーザー治療という形によってお顔のシミのお悩み解消が可能となります。シミと言えば、お肌の悩みの一つと言えます。

年を取ったり、紫外線を浴びるなどの影響で肌にメラニン色素が沈着するからであって、肌のシミが実際の年齢以上に老けている悪印象を周囲の人に与えてしまうようです。シミが顔にできてしまったらとても気になりますが、シミを防ぐのは毎日のスキンケアで充分可能ですし、生成されてしまったメラニン色素を減らすこともできるのです。

ニキビでお悩みの人のための

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です